ランディングページ制作のおすすめ|ホームページを作るよりランディングページを先に作ったほうがいい理由

ランディングページ制作のおすすめ|ホームページを作るよりランディングページを先に作ったほうがいい理由

ランディングページとは

WEBページの種類

  1. コーポレートサイト(ホームページ)
  2. サテライトサイト・プランドサイト
  3. ランディングページ
  4. 採用サイト
  5. オウンドメディア

【コーポレートサイト】

一般的なホームページと言われているサイトはこのコーポレートサイトに分類されるかと思わます。
コーポレートサイトの特徴は、とにかくすべてを網羅して紹介することが目的のため、複数ページを一つのドメインで運用していることがほとんどです。

【サテライトサイト・ブランドサイト】

サテライトサイトとは、多種多様な複数あるブランドから、主力プランドを紹介するためだけに作られる別ドメインで運用されることが多いサイトです。
ターゲットとなるユーザーに絞って広告を行える特徴があり、コーポレートサイトから切り離し、一つのコンテンツに絞り複数ページを構成することがあります。
また、サテライトサイトから本サイトへのリンクなどを行い被リンクサイトとして運用することもあります。

【ランディングページ】

ランディングページとは、サテライトサイトと似ている部分もありますが、例えば「主力ブランド内の一つの商品だけ」を専門的に紹介するサイトです。
一般的には1ページで構成されることが多く、一つの商品に特化するため目的が明確であり、目的以外の内容を入れ込まないことが特徴です。

【採用サイト】

説明不要かもしれませんが、人材確保のためだけに作られるサイトです。
毎年新卒採用を行う企業などは、1年ごとにデザインを変えて、企業紹介に力を入れサイト制作を行う傾向です。

【オウンドメディア】

聞きなれないかもしれんが、オウンドメディア系のサイトもかなり多くなってきております。
同じ「集客」が目的でも、ランディングページとは異なり中長期的な集客施策を行うならオウンドメディアがおすすめです。
オウンドメディアは、「様々なコンテンツを通して商品やサービスの魅力を発信し、集客を行う」ためのWebサイト。
地道に情報量を増やしてサイトを成長させていく特徴があります。

ランディングページをおすすめする理由

必要な情報を得るために、インターネットで検索することはもはや当たり前のことだと思います。
情報を検索するために、何気なく使っている検索サイト「Google」や「Yahoo」では、ユーザーファーストという考え方に沿って運用されています。

Google はいつでも、有益で関連性の高い情報をユーザーに提供することを目指しています。
Google が検索に変更を加えるのは、検索結果の利便性を高めるためです。
したがって、検索結果への掲載に対する報酬をお受け取りすることは決してありません。

引用 Google ユーザー最優先

ユーザーにとって一番よい検索サイトとは何か。
ユーザーにとって今一番知りたい情報とは何か。
ユーザーにとって。。。
といったようにユーザーの使いやすさを一番に考えているため、その意味にそってサイトを作ることがベストだと言えます。

ランディングページでは1ページに一つのコンテンツ紹介をすることが基本です。

一つのサイトにあれこれいろいろな情報を詰め込むよりも、一つのことに対し丁寧な説明があり、そのサイトが伝えたいことがしっかりと伝わるサイト。
Googleが目標としているユーザーを最優先する考え方に一致していると考えられます。

今回はある一部の説明だけをしておりますが、ランディングページをおすすめする理由は他にもまだまだあります。
まずは、ランディングページを作って運用してみることが一番の手かもしれません。